蓋物 バターナッつぼ

家鴨窯と保立葉菜の「可笑しなつぼ屋」
6/23~27@赤坂ジャローナ

手のひら厨人がつくる、様々な形のバターナッツにインスパイアされて作陶した「バターナッつぼ」。
こちらは蓋物です。
バターナッツのモデル作陶ですね^^

スナップエンドウのピッチャー

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
スナップエンドウのピッチャー。

昨年の個展で出会った葉菜ちゃんの「スナップエンドウ」という木版画作品が大好きで、手のひら厨人さんのお誕生日に贈ったら、スナップエンドウを植えてくれた。
そして育って、版画と一緒の写真を送ってくれた^^元気いっぱいの緑、上へ上へ、最高ですね。
そして作りたくなった、スナップエンドウのつぼ!
それぞれのスナップエンドウ作品でした。

保立葉菜さんとの共同作業つぼーその3-

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
家鴨窯と保立葉菜ちゃんの共同作業つぼ。
形作り(アヒル)→絵付け(葉菜)→釉掛け(アヒル)→タイトル付け(葉菜)

作品「こぐま」
葉菜ちゃんが魚の群れを描いてくれたので、瑠璃釉薬を川の流れを意識して掛けしました。そして、もうこのこぐまの眉毛がつぼ!(あ、つぼだけに^^)そして、バックにはひっそりカニがいます。

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
家鴨窯と保立葉菜ちゃんの共同作業つぼ。
形作り(アヒル)→絵付け(葉菜)→釉掛け(アヒル)→タイトル付け(葉菜)

作品「駆けるイノシシ」
実は、葉菜ちゃんと私は亥年同士。(一回り違いね)
それとはたぶん関係ないのですが(笑)、葉菜ちゃんは、駆けるイノシシを描きました。廻るイメージで、横柄に釉薬をかけました。

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
家鴨窯と保立葉菜ちゃんの共同作業つぼ。
形作り(アヒル)→絵付け(葉菜)→釉掛け(アヒル)→タイトル付け(アヒル・葉菜)

作品「昔そこにカニがいて。。。」
共同作業つぼのトリをつとめるのは。。。昔そこにカニがいて。。
なんと、葉菜ちゃんがカニの素敵な絵を描いてくれたのに、釉薬かけて本焼きしたら、カニがそこにいたのに。。隠れてしまった作品。
でも。。葉菜ちゃんはすごく気に入ってくれてました!(笑)
そして有難いことに、気に入ってくださるお客様に恵まれて、旅立っていきました。
窯を開けたときは、本当に落ち込みましたけど、そこに愛着を持ってくださった皆様に感謝です。私も、ほら、「ここにカニがいてね!」と展示中、説明させてもらいました。ありがとうございました。

共同作業つぼ、絵付け風景。

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
家鴨窯と保立葉菜ちゃんの共同作業つぼ。
形作り(アヒル)→絵付け(葉菜)→釉掛け(アヒル)→タイトル付け(葉菜・アヒル)

作品紹介の合間に、葉菜ちゃんの絵付け風景。

保立葉菜さんとの共同作業つぼーその2-

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
家鴨窯と保立葉菜ちゃんの共同作業つぼ。
形作り(アヒル)→絵付け(葉菜)→釉掛け(アヒル)→タイトル付け(葉菜・アヒル)

作品は「魚釣り」

作品は「あみだくじ」
お客様がこっそりあみだくじしていらっしゃる姿にほっこりしました^^

作品は「プロフェッサー」
面白い絵を描いてくれたので、ポスター風に四角く釉薬を塗り分けてみました。お洒落作品になりました。

作品は「バターナッつぼ」
手のひら厨人が作るバターナッツが愛くるしくて、造形したら、まさかの顔を葉菜ちゃんが描いて、なので、天辺のみ釉薬をかけてヘアスタイルに。印象的な作品になりました!

作品は「道草」
胴太のつぼ、下部に線彫りしてあったところに、葉菜ちゃんが、小さな葉っぱを描きこんでくれました。

保立葉菜さんとの共同作業つぼーその1-

閉幕しました、赤坂ジャローナさんでの、家鴨窯と保立葉菜の「可笑しなつぼ屋」
これから、作品をアップしていきたいと思います。
まずは、葉菜ちゃんとの共同作業で作ったつぼから。
こちらのタイトルは、「見せ合いっこ」
葉菜ちゃんがいっぱい絵を描きこんでくれました。

「可笑しなつぼ屋」閉店しました。ありがとうございました。

赤坂ジャローナさんでの、家鴨窯と保立葉菜の「可笑しなつぼ屋」、6月27日土曜日、閉店いたしました。
お客様に恵まれて、楽しい5日間を過ごしました。
本当にありがとうございました!
保立葉菜ちゃんが大好きで、家鴨窯から声がけをして、お互い好きな「つぼ」テーマで二人展ができたことは、葉菜ちゃんと家鴨窯のつぼ作りたい熱の発散になり、そしてお客様の、余白があるつぼから空想を広げていただいたり、ひとつひとつ、つい蓋を開けてしまうその行動に、それぞれのつぼ探しをしていただけて、本当によかったと思っています。ありがとうございました。
そして、ジャローナさん。ジャローナさんは、空間自体に味わいがあるので、私たちにぴったりでした。見事に「可笑しなつぼ屋」ができました。マスターはつぼ屋の店主になってくれて、愛がいっぱいでした。本当にありがとうございました!
この時期の開催、つぼ屋が開店できてよかったです。それもみな、お越しくださったみなさま、ジャローナさんのいろいろな配慮のおかげです。葉菜ちゃんと家鴨窯がじっくり作りこんだ作品をお披露目できました!
もう一度、ありがとうございました!

いただいたものや撮った写真になります。
またお会いしましょう!