お猪口つぼ

家鴨窯と保立葉菜の「可笑しなつぼ屋」
6/23~27@赤坂ジャローナ

二人展のタイトルに選んだ「つぼ」は、葉菜ちゃんの木版画「自分の壺さがし」がものすごく好きだから。
二人展に向けて、コラボつぼを作るほか、木版画「自分の壺さがし」の絵柄を真似て私が描いた、小さなお猪口つぼ、も作りました。
中には、葉菜ちゃんが作ってくれた、つぼ判子を押して。
ぎゅっと詰まった小さな二人展の世界が生まれました。

猫の髭入れつぼ

家鴨窯と保立葉菜の「可笑しなつぼ屋」
6/23~27@赤坂ジャローナ

家鴨窯の3仔猫チビーズをモデルにした、猫の髭入れつぼ。
あっという間に家族が決まった人気作品(笑)

可愛いし機能的!モデル作陶としても、今後、作っていきたいと思います^^
オーダーお待ちしています♪

双耳小つぼ

家鴨窯と保立葉菜の「可笑しなつぼ屋」
6/23~27@赤坂ジャローナ

高さ8センチぐらいの、小鳥がのった小さな双耳小つぼ。

高さ8センチぐらいの、猫彫り小さな双耳小つぼ。

蓋物 バターナッつぼ

家鴨窯と保立葉菜の「可笑しなつぼ屋」
6/23~27@赤坂ジャローナ

手のひら厨人がつくる、様々な形のバターナッツにインスパイアされて作陶した「バターナッつぼ」。
こちらは蓋物です。
バターナッツのモデル作陶ですね^^

スナップエンドウのピッチャー

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
スナップエンドウのピッチャー。

昨年の個展で出会った葉菜ちゃんの「スナップエンドウ」という木版画作品が大好きで、手のひら厨人さんのお誕生日に贈ったら、スナップエンドウを植えてくれた。
そして育って、版画と一緒の写真を送ってくれた^^元気いっぱいの緑、上へ上へ、最高ですね。
そして作りたくなった、スナップエンドウのつぼ!
それぞれのスナップエンドウ作品でした。

保立葉菜さんとの共同作業つぼーその3-

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
家鴨窯と保立葉菜ちゃんの共同作業つぼ。
形作り(アヒル)→絵付け(葉菜)→釉掛け(アヒル)→タイトル付け(葉菜)

作品「こぐま」
葉菜ちゃんが魚の群れを描いてくれたので、瑠璃釉薬を川の流れを意識して掛けしました。そして、もうこのこぐまの眉毛がつぼ!(あ、つぼだけに^^)そして、バックにはひっそりカニがいます。

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
家鴨窯と保立葉菜ちゃんの共同作業つぼ。
形作り(アヒル)→絵付け(葉菜)→釉掛け(アヒル)→タイトル付け(葉菜)

作品「駆けるイノシシ」
実は、葉菜ちゃんと私は亥年同士。(一回り違いね)
それとはたぶん関係ないのですが(笑)、葉菜ちゃんは、駆けるイノシシを描きました。廻るイメージで、横柄に釉薬をかけました。

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
家鴨窯と保立葉菜ちゃんの共同作業つぼ。
形作り(アヒル)→絵付け(葉菜)→釉掛け(アヒル)→タイトル付け(アヒル・葉菜)

作品「昔そこにカニがいて。。。」
共同作業つぼのトリをつとめるのは。。。昔そこにカニがいて。。
なんと、葉菜ちゃんがカニの素敵な絵を描いてくれたのに、釉薬かけて本焼きしたら、カニがそこにいたのに。。隠れてしまった作品。
でも。。葉菜ちゃんはすごく気に入ってくれてました!(笑)
そして有難いことに、気に入ってくださるお客様に恵まれて、旅立っていきました。
窯を開けたときは、本当に落ち込みましたけど、そこに愛着を持ってくださった皆様に感謝です。私も、ほら、「ここにカニがいてね!」と展示中、説明させてもらいました。ありがとうございました。

共同作業つぼ、絵付け風景。

「可笑しなつぼ屋」6/23~27@赤坂ジャローナ
家鴨窯と保立葉菜ちゃんの共同作業つぼ。
形作り(アヒル)→絵付け(葉菜)→釉掛け(アヒル)→タイトル付け(葉菜・アヒル)

作品紹介の合間に、葉菜ちゃんの絵付け風景。