家鴨窯フェス2016 投げ銭ライブ編


さて「家鴨窯フェス2016」では、3つのライブと1つの寄席があります!
なんと豪勢な。。
17日(土)ツチネコ、18日(日)ヤマネコ部+イズミン、22日(木・祝日)クルニッケ!

▼ツチネコ *投げ銭ライブ
9月17日(土)16:00~
平野広泰 guiter
佐々木香織 trombone
Aketa Mino  trumpet and soprano sax

下の画像の「くものすカルテット」さんの中から、ギター、トロンボーン、トランペット奏者の3名で編成されたバンド「ツチネコ」さんに今年もお越しいただきます!
昨年の家鴨窯フェスでは、家鴨窯の愛猫たちを歌った「黒猫のダンゴ」を!感激しました。
今年も3猫さんのライブにワクワク。

12036765_908438702577275_1056440480336063661_n

12011132_908674829220329_8872499220796223416_n

ツチネコさんより。。
いくつかあるバンド内バンドのなかで、最も編成される機会が激レアなため、ほんとにいるのかわからないまぼろしの生き物『つちのこ』にあやかって、『ツチネコ』という名前になりました。
数年前、参宮橋にあったフリュウ・ギャラリー(今は千駄木)にて、猫くくりのグループ展のオープニングパーティーがあり、ちょっとやらせていただいたのがはじまりでした。
その後は、西荻窪にあったビストロサンジャック(今は愛知の三津浜)などにちらりちらりと出没し、そして今回も、猫縁でやらせていただくことになりまして、光栄です。
くものすカルテットblog http://www.kumokaru.net/

・・・・・・
フェス2日目の18日は、投げ銭ライブ豪華2本立てになります。
ヤマネコ部16:00~と、歌舞狸家イズミン16:30~です!
まずは、ヤマネコ部のご紹介から。

▼ヤマネコ部 ※投げ銭ライブ
9月18日(日)16:00~
Fl.秋川 貴子(動物のプロ)
ob.鈴木動物園前(粘土作家)
Perc.すぎはら ゆり(イカ紳士とねこ)

ヤマネコ部とは数年前の動物園企画展示で繋がった仲間たち。
いまのところ、家鴨窯フェスでしか出没しないレアなバンドです!
「生きとし・・」でもお馴染みの作家さんもいらっしゃいますね♪
貴重な機会をお楽しみいただきたいです。

14269507_806277306176318_1137984210_n

ヤマネコ部のみなさんから…
出会いはヤマネコ。
アンサンブルやりたい!パーカッション入ってくれる!
ならトリオ!という感じで昨年の家鴨窯フェスで演奏させていただき結成。
今年はグループ名も決まりその名もヤマネコ部!

Fl.秋川 貴子(動物のプロ)
ob.鈴木動物園前(粘土作家)
Perc.すぎはら ゆり(イカ紳士とねこ)

本気クラシックからロックの有名どころと大人っぽいのと3曲やらせていただきます!
そして再びセクシーカホンはみれるのか!?
乞うご期待です!

▼歌舞狸家イズミン
9月18日(日)16:30頃~
落語「動物園」ほか

さぁ、ヤマネコ部ライブのあとは続けて、赤い布を敷いて、座布団敷いて、演目はって、ささっと演出チェンジ!
登場ミュージック流して、イズミンさんの落語に入ります!
かぶりもの展繋がりでお知り合いになり、先日お会いした際、ちょうど入院中のお子さんたちへの「落語絵本」の読み聞かせ活動の帰り道。そのお話を聞いて、フェスで一席どうですか!と急遽お誘いさせてもらったのでした。新作もお披露目いただけます。よろしくお願いいたします!14192181_1133893390037656_2054053241757241729_n

イズミンさんより…
はじめまして!
歌舞狸家イズミン(かぶりや いずみん)と申します。
子育てに奮闘しながら、某出版社に勤めています。
が…人生いろいろ、出会いもいろいろ。何が起こるかわからない!
5年ほど前から、絵本の読み聞かせを始め、次第にオリジナルの手法を磨くように。
怪しいアフロの芸人、「どろぼうがっこう」のくまさか先生などなど、
絵本の世界から飛び出す奇想天外なキャラクターになりきって、見る者をあっと驚かせるのが得意技です。
あるとき、落語絵本を読もうと思い立ち、それならば実際に落語でやってみよう!と落語にも挑戦することにしました。
もちろん、一ひねり加えた「かぶりもの落語」です(笑)。
子どもの笑顔は大人を笑顔にします。

笑顔の子どもが増え、 将来大人になることが楽しみにに思う子どもたちが一人でも増えることを願いつつ活動を続けています♪
学校での読み聞かせだけでなく、最近では、スマイリングホスピタルジャパンさんを通じて、入院中のお子さんたちへの読み聞かせ活動もしております。

<家鴨窯フェスに向けて>
ボビンさんで昨年、一昨年と開催された「かぶりもの展」からのご縁で、今回なんと!家鴨窯さんの素敵なイベントにお声かけいただき、盛り上げ隊として参加させていただけることになりました!
本当にありがたいの一言です!!出会いに感謝でございます!
ご参加されるアーティストの皆さん、観に来てくださる皆さんに楽しんでいただけるよう、9/18(日)心を込めて二席の落語をお届けしたいと思っています。
一つは今回初挑戦の新ネタです。
うまくいくかドキドキですが、楽しんでできればと思っております。
ヤマネコ部さんのライブ後、そのまま帰らず、ぜひ聴いて行ってくださいませ(笑)。
どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・
ライブ3つめ、家鴨窯フェス最終日を飾ってくださるのは、クルニッケさんです!

▼クルニッケ *投げ銭ライブ
昨年、フェスのために作ってくださった曲「シュークリーム」は我が家の猫ちはるに思いを寄せるちょっとせつない男性の歌でした。
あれから一年、現実社会では、男性とちはるはすっかり仲良しになりました^^
今年もよろしくお願いいたします♪

9月22日(祝・木)14:00
(14時からですのでお間違いなきよう、よろしくお願いいたします。)

14287508_1009493242501305_361641562_n

北原のり子 Vo./Tu./Bu./Melo.
蜂須賀公之 Vo./Gt./Mand.
冨重 法生 cajon./perc.
佐藤昌孝 Gt.
Aketa Mino Tp./AlpenHr.

プロフィール Klnikke(クルニッケ)
2014年より活動。ジャンルにとらわれず創作する音楽ユニットとして始められた。大人の洒落っ気と、遊びがいっぱいの叢のオルタナティブ。

昨年の家鴨窯フェスのために作った曲「シュークリーム」は、今ではklnikkeのライブで必ず演奏する曲になっています。今年もアレンジを変えて演奏します。そして家鴨窯をテーマに、クラッシックの名曲にも挑戦します。どうぞお楽しみに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です